line よくある質問 line

【は行】

ハカマ(はかま)

替え手元のことです。
竿のいちばん手元と入れ替えて、竿を短くして、使うときに用います。
例えば、10メートルの竿で元竿を抜いてハカマをつけると、約9メートルの竿に変身します。
竿を1本しか持っておらず、川幅の狭いところで釣りをする場合には有効です。
ただ、竿全体の調子がすぐれる場合もTPOに合わせて何本か竿を持つことが一部で
呼ばれています。


弾かれ(はじかれ)

ハリが野アユの体に触っても、掛からないことです。


8の字結び(はちのじむすび)

糸の結びのひとつで、結び目が8の字、になるようにする方法です。
結び目の両端から出る糸がまっすぐになるのが特徴です。
結びの基本で、友釣りでは、天上糸のチチワ部、ハナカン寄りの接続など応用範囲は広いです。


ハナカン(はなかん)

アユの鼻に通す金属製の輪のことです。
現在、主に使われているのは、丸めただけのリングハナカンです。
泳がせ釣りが流行したところ、リン青銅の素材で自作がはやったが、今では各メーカーから
色々な素材や形をしたものが売られています。
素材にはリン青銅、アルミ、チタン、銅、洋銀などなどがあり、これでなければならない
ということがありません。


ハミ跡(はみあと)

アユが石についた赤を削り取って食べた跡のことです。
このハミ跡の大小や多い少ないをしることでができます。
ハミ跡の大きさはアカを削り取って食べたときのことです。
ハミ跡の大きさはアユの大きさに比例して、15センチのアユなら幅が約1.5センチのハミ跡、
20センチクラスのアユなら幅約2センチのハミ跡を残すといわれています。


はむ

アユが石についたアカを削り取って食べる行為のことです。
大きく裂けた口には突起した櫛状の歯があり、この歯で石の表面のアカを削り取るように食べます。


早瀬(はやせ)

瀬の一種で、浅く水面は白波が立って流れは速くて、底石の質が二重、三重に
重なり合っている状態の場所のことです。


腹掛かり(はらがかり)

掛けバリがアユの腹側に掛かった状態のことです。
腹に掛かったもの、特に内臓を直撃したものは弱りやすくて、中にはすでに
グロッキーになっているものもあるので、次のオトリには向きません。


ハリ合わせ(はりあわせ)

友釣りをする場合、川やアユの大きさ、アユの活性など、あらゆる条件をかんがえ、
その日、そのときに使うハリの種類や大きさを選ぶことです。
ハリがその時の条件にうまく合っていないと「当たりがあってもハリに乗らない」「バラシ」
につながります。
ハリの「掛け率」「刺通性」「保持性」の、それぞれの兼ね合いを考える必要があります。


ハリケース(はりけーす)

3本イカリや4本イカリを収納しておく容器のことです。
最近のものは、軟質発泡素材に切り目を入れ、その隙間に掛けバリの一辺を差し込んでおく
タイプが多いです。
外側は樹脂で、プラスチック製であり、内部に水が浸透してこないように、防水機能を備えています。
釣り場でもたつかずに、簡単に素早く取り出せるものが便利です。


ハリ立ち(はりだち)

ハリの刺さりやすさの度合いのことです。
ハリ先が鋭くて、刺さりやるいハリに対して「〜がよい」という表現をします。
「ハリのとっつき」とも言います。


バカ(ばか)

竿尻よりも長く出た仕掛けの部分です。
手尻とも言います。
糸フケの抵抗を利用する泳がせ釣りではバカを1ヒロ、2ヒロと長くとったり、反対に
引き抜きを前提とする釣りの場合、バカは50センチと短めにとります。


バラシ(ばらし)

掛けた野アユがハリから外れたり、道糸やハリスを切られたりしてアユを逃すことです。
友釣りの場合は、オトリまで逃してしまうと、一度のバラシで釣果がマイナスになってしまう
こともあります。


干川(ひかわ)

長い間、雨が降らなかったり、ダムの放水がなかったり、干上がった川のことです水量が
極端に少ないため、水中のアカも腐り、友釣りには最悪の条件です。


引き上げ(ひきあげ)

瀬で引き釣りをするとき、オトリを上流へ移動させる行為です。
オトリを直接、竿で引っ張ってやると、オトリの弱りが早くなり、糸フケの抵抗などを利用して、
オトリ自身に泳がせて上流へ上がらせます。
オモリを使っている時は竿で直接引っ張ることが多いです。


引き釣り(ひきづり)

友釣りのテクニックのひとつです。一般的には竿を寝かして、糸を引っ張って上み手へ、
上み手へとオトリを引き上げながら釣るので、こう呼ばれます。
流れの速い瀬でよく使われますが、友釣りでは、最もベーシックな釣り方で、荒瀬などでは、
オモリをかまして釣ることもあります。


引き抜き(ひきぬき)

友釣りの取り込みの一種のことです。
道糸をたぐって、取り込む引き寄せに対し、オトリを掛かりアユを一気に空中輸送して
取り込む方法です。
実際は、野アユを掛けたら竿でアユの引きをため、水面まで浮かし竿の弾力を利用して、
水面を切り、宙を飛ばしてタモでオトリと掛かりアユを同時にキャッチする方法です。
現在の友釣り競技会では主流の方法で、取り込みに要する時間が短くてすみ、
能率的に数を釣るには最適でありますが、アユが大型になるほど取り込みが難しいです。


引き抜きダモ(ひきぬきだも)

引き抜き取り込み専用の口径の大きなタモのことです。
引き抜き、取り込みではオトリと掛かりアユを同時にタモで受けるため、タモの口径が小さいと
キャッチしづらいので、口径36センチ、39センチ、42センチという大きいものが使用されます。
網は素ダモと袋付きがあり、どちらを使うかは各自のお好みで選んで下さい。
メーカー量産品の金属枠ダモが多いですが、天然木作り品にも引き抜き用があります。


引き舟(ひきぶね)

釣ったアユを一時的に入れておき、舟型をした容器のことです。
昔は木製でしたが、金属製を経て、今は流体力学を取り込んだプラスチック製が
メインになっています。
タテて持ち運んでいても水がこぼれないなど、いろいろなアイデアがこらしてあります。


平瀬(ひらせ)

瀬の一種で、浅く、水面はシワのような波で流れが速く、底質が一部分、砂泥に
埋まっているような状態の場所です。


ヒロ(ひろ)

両手を左右に広げたときの指の端から端までの長さのことです。
約1.5メートルです。


深場(ふかば)

川の中で、淵、トロ場などの水深のある場所のことです。
深場では、水温が少し低めなので、アカのつきが浅場に比べて遅いです。
また、アカが腐りにくいので、渇水期のアカ腐れときにも、アカが残っていて、アユが多くいます。
そんなときは、狙ってみたいポイントです。


伏流(ふくりゅう)

ある区間だけ川の水が地表から地価にいり込んで流れている所です。
伏流が川の中でわき出ている場所は、渇水期でも、アカが腐りにくく、野アユが付くので、
そういう場合は好ポイントになります。


袋ダモ(ふくろだも)

タモの網の底の部分が袋状になっていて、この袋の中に水を入れ、一時的にアユを
運ぶことができます。


淵(ふち)

深くて流れもゆるくて、水面も波立たず、底質が岩盤か砂であるような場所です。
瀬尻からの流れが対岸の岩盤や大石などにぶつかり、川底を深くえぐって淵を作ります。
川底の岩盤にアカはつきますが、砂にはアカがつかないので、淵にいるアユは
ほとんどナワバリを作らないです。
なので、非常に釣りにくい場所ですが、壁となっている岩盤付近や、深場のかけ上がりを
狙って釣ることが出来ます。


ブクブク(ぶくぶく)

オトリ運搬に使うエアポンプの俗称です。
ブクブク出るところからのネーミングです。


ヘチ(へち)

辺地のことです。
最も岸寄りのところです。
友釣りでは重要なポイントのひとつです。
瀬、トロ場など、どんな場所でも、まず一番にヘチから攻めるとよく言われます。
水際から離れて、身を隠して釣るか、泳がせ釣りでオトリをシモからカミに泳がせて攻めるとよいです。
また、川の対岸のヘチも好ポイントです。
対岸が岩盤や木が茂っていて、そこへ直接釣りが入れない場所があればなおさらです。


ベスト(べすと)

釣り用のチョッキのことです。友釣り用のベストには仕掛け類が多く入るポケットが
たくさん付いたものが多くあり、着丈も、川に深く立ち込んでもポケットの中身が
濡れないような超ショートタイプが今の主流です。
素材は撥水加工されたものや、ゴアテックスなど防水透湿性のあるものが最近の主流です。


ベタ竿(べたざお)

引き釣りなどで、竿を水平近くに寝かせた状態のことです。


蛇口(へびくち)

竿先の糸を結ぶところのことです。
前は輪になったものが多かったですが、現在は1本物のリリアンが普通です。
蛇口に糸を結ぶ方法には「ぶしょう付け」「投げ縄結び」などがあります。


ベルト(べると)

一般的には、おびかわ、バンドのことですが、友釣りではタモを腰に差したり、
引き舟のヒモを引っ掛けておくなど、多目的に使われます。


偏光グラス(へんこうぐらす)

「偏光」とは、ある限られた方向だけに振動する光波のことをいいます。
偏光グラスとは、限られた方向に振動する光だけを取り出して、他の余分な光を
ショットアウトすることにより、水面の乱反射を押さえて、水中をはっきり見ることができます。
釣り用には、普通のメガネタイプのものから、メガネに直接取り付けるタイプ、
防止のつばに取り付け、必要時意外はハネ上げられるクリップタイプなどがあります。


穂先(ほさき)

竿のいちばん先端の部分のことです。
竿先ともいいます。


穂持ち(ほもち)

振り出し竿や並継ぎ竿などの部分の名称で、穂先から数えて2番目です。
穂先の次の部分です。


ポリプロピレン(ほりぷろぴれん)

プロピレン(石油留分中の分解ガスに含まれる無色で刺激臭のある気体)を重合した合成樹脂のことです。
耐熱度がたかく、軽いです。
友釣り用品では、アンダーウエア(アンダータイツ、シャツ、ソックスなど)に多く用いられており、
乾きが早くてベタつかないです。
保温性に優れている点などが特徴です。

商品画像
14,800円
image

上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、
再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。

ブックマークに追加

お問い合わせはこちら