line よくある質問 line

【さ行】

竿尻(さおじり)

元竿(握り)のいちばん下の部分のことです。
竿先(穂先)に対しての竿のもう一方の端のことです。
尻栓付近のことです。


竿抜け(さおぬけ)

竿が入っていないポイント、場所のことです。
よく掛かります。


逆立ち泳ぎ(さかだちおよぎ)

オトリを泳ぎにくい方向に泳がせたり、または野アユを挑発するためのテクニックのことです。
オトリに後方へ抵抗を与えると、オトリは浮かされまいと頭を下げて、尻尾を握り、逆立ちをして
泳ぐような形になります。
そのとき、抵抗をゆるめると、オトリは勢いあまって前進します。
このような姿勢を逆立ち泳ぎといいます。
また、こうやって頭を下げたときに、石に向かってアカをはむような姿勢をつくるためかオトリを
挑発する、とされています。


逆バリ(さかばり)

逆さバリのことです。
掛けバリをオトリの近くに安定させるために用いる、ハリスを魚体に止めるためのハリのことです。
ハリスに、掛けバリの向きとは逆さに付けることからこの名前があります。
これを尻ビレ付近の皮に引っ掛けるように刺します。
水の流れを受けて食い込む向きになるので外れにくいです。
アユが掛かった時は皮が切れるように浅く刺すのが基本ですが、場合によっては深く刺します。


左岸(さがん)

下流を見手、川の左側の岸のことです。
反対言葉は右岸です。


先糸(さきいと)

穂先と道糸の間につけてカラミを防ぐための糸のことです。
天上糸と同じ意味です。


先調子(さきちょうし)

竿にオモリを下げて、曲がりを描いた時に、その弧の頂点が穂先寄りにあるものをいいます。
一般に竿の調子を示すとき、8対2や7対3という言い方をしますが、技術の発達した今は
竿のバランスを示す表現として、あまり使われなくなっています。


笹濁り(ささにごり)

雨が降って、少し濁りが入った状態のことです。
濁りといっても土色の濁りではなく、少し青白く濁ったような状態です。
渓流釣りでは、魚が活気づくよい水とされます。


さざ波(さざなみ)

ちりめんじわのことです。
一般的には、風でできる小さな波ですが、友釣りでは小砂利の浅い流れの川面の状態なども
さします。
トロ場やゆるい瀬ではさざ波立って、アユの警戒心が弱まり、よい結果をうむことがあります。


差しアユ(さしあゆ)

下も手の淵などから瀬にでてくるアユのことです。
差して来る、などと言います。
アユは一定の行動パターンがあり、こうした移動は頻繁にあります。
夕方、今まで釣れなかった瀬で入れ掛かりになったりするのもこういった行動が一つの理由と
考えられます。
出ばみともいいます。


差し替えし(さしかえし)

一度、上流や対岸まで泳がせたオトリを手元に戻して、もう一度、泳がせなおすことです。


誘い(さそい)

竿、仕掛けを操作してオトリを動かして、野アユの追い気をうながす行為です。
縦の誘い、横の誘い、上下の誘いと、色々なバリエーションがあります。


サラ場(さらば)

しばらくの間、釣り人が入っていなかった釣り場、ポイントのことです。


3本イカリ(さんぼんいかり)

掛けバリの形態のひとつで、ハリを船のイカリ状に3本結んだものです。
ハリとハリの間が120度ずつ均等になるように結びます。
近代友釣りの発展を築いた仕掛けのひとつです。
それまではハリを2本使うチラシ、ヤナギ、2本イカリのチョウバリが普通でした。
ルーツははっきりしませんが、競技会が盛んになってから飛躍的に広まりました。
釣果がとても伸びたことと、独特の形態が釣り人に対して強烈なアピールになったためと
考えられます。


ザラ瀬(ざらせ)

主に関東地方で使われる浅いサラサラそした瀬の呼び方です。
関西のチャラ瀬と同じ意味で使われていますが、釣り人によって、チャラ瀬とザラ瀬を
感覚的に使い分けています。
そういう場合、ザラ瀬は、ちゃらちゃらと流れるチャラ瀬より、石が粗くこころもち流勢のある所
と考えているようです。


下波(したなみ)

下層の流れのことです。


下泳がせ(しもおよがせ)

オトリを釣り人の正面よりも下もで泳がせて釣ることです。


下竿(しもざお)

流れに直角にたった場合、竿先が正面より下流に向いている状態です。
また、オトリの泳いでいる位置よりも下流側に竿があることです。


シャクリ釣り(しゃくりづり)

オバセた分の道糸を上下にしゃくって、オトリを泳がせたり、オトリに上下運動を加えて誘いを
かけたりすることです。


出水(しゅっすい)

ダムの放流などで、急に川の水位が上がることです。
増水も同じ意味ですが、増水は友釣りへの可能性がつながりますが、出水の場合は
絶望的な意味合いを持ちます。


瞬間接着剤(しゅんかんせっちゃくざい)

接着剤のひとつで、塗布してから短時間で乾くものです。
シアノアクリルエステルの単量体で、塗布すると空気の水が触媒として作用して、
接着時間が数秒というものや、一滴で接着力2トンという強力なものまであります。
友釣りでは、イカリバリや逆ガリなどの固定にとっては必需品です。


白川(しらかわ)

1.雨などによって白っぽい濁りが川に入った常態です。
2.増水などによって川底の石が動き、表面のコケが飛んでしまった状態の川や流れのことです。


尻ビレ(しりびれ)

肛門のすぐうしろにあるヒレのことです。
友釣りでは、この尻ビレの周囲に逆バリを刺すことがおおいです。
天然オトリを購入する場合、このヒレが幾条にも切れていたり、周辺に刺した跡がたくさんある
ものは避けた方がよいです。
尻ビレはアユのオス、メスの見分け方のポイントです。


新アカ(しんあか)

アカが腐って自然に流されたり増水で、洗い流されたあとに付着する新しい藻類のことです。
アカ腐れのころはさっぱり釣れなかったポイントも、新アカが付くようになると回復します。
一般的には、洗われた石は白っぽいですが、アカが付きだすと黄かっ色を帯びてきます。


時合い(じあい)

本来は時刻や刻限を指すことばですが、釣りでは、魚がよく釣れる時間帯をいいます。
大体、どんな釣りでも朝と夕方に時合いが来るといわれていますが、絶対的なものではないです。
その日の天候や水温、川の場合は水量や清濁、海の場合は潮など複雑な条件が絡んでくるので、
本当の時合うを知ることは難しいです。


自動ハリス止め(じどうはりすどめ)

2つに折った金属線の間に糸をはさみこんで止める方式の器具です。
結ばずに簡単に仕掛けを着脱できることからハリス交換によく使われています。
ただ、使用しているうちに金属の間が開いたり、差し込み方によっては抜けることがあるので、
必ずハリスに結びコブを作っておきましょう。


人工河川(じんこうかせん)

アユを産卵させるために人工的に造った川のことです。
琵琶湖の安曇川と姉川が有名で、人工河川では、産卵に適した川床を造り、成魚を放流して
産卵にさせたあと、ふ化した稚魚は自然に育って湖に出て行きます。
人工河川のおかがで琵琶湖産の種苗生産量が安定してきたといわれます。


人工産(じんこうさん)

抱卵したアユから採卵して、受精させたあとふ化させて、河川放流や池中養殖用の
稚アユにまで育て上げたものを人工種苗とか人工産と呼んでいます。
要するに、採卵からふ化、稚魚になるまで人の手によって育てられたアユのことです。


水中糸(すいちゅういと)

天上糸を含まない道糸部分のことです。水の中に入る糸なのでこう呼ばれます。
糸0.3号、0.25号という呼び方をするときは、水中糸を指します。


すげ口(すげぐち)

竿の差し込み部分のことです。もともとは竿のすげ替える口だから、こう呼ばれるように
なったのでしょう。


素ダモ(すだも)

底に布袋を取り付けた袋ダモに対して綱だけのタモの総称です。


すれっからし

警戒心の強い魚のことです。
年魚で学習の集積が少なくて、ナワバリを守る意識の強いアユは、魚の中でも警戒心の少ない魚です。
しかし、解禁後、釣り人がたくさんやってくると、また、警戒心が強くなります。
特に群れアユではそういうった傾向が強いです。
美羽の多いときより、減水の方が人や竿の影がプレッシャーになりやすいです。


瀬(せ)

川の流れの部分で石や岩が多くて、浅くて水面が波立っているようなところをいいます。
大体、流れが速くて、溶存酸素も増えるので、水生昆虫なども豊富で、釣りには見逃せない
ポイントの一つです。
アユの場合、常に新鮮な水が当たるため、アカと呼ばれる珪藻やらん藻がよく付いて、
友釣りの重要なポイントになっていきます。
浅くて、小石底で、水面がわずかに波立っているような所をチャラ瀬、石が大きくて、
水流も強く、水面が激しく波立っているような所は荒瀬と呼ばれます。


瀬落ち(せおち)

瀬が淵などに落ち込む部分のことです。
瀬尻、瀬頭ともいいます。
または、瀬の中の段差の落ち込みのことです。
肩に頃合いの石がることが多くて、アユの絶好の付き場です。
止め釣りのようなスタイルで丹念に攻めると掛かることが多いです。


背掛かり(せがかり)

野アユの背中部分にハリが刺さった状態のことです。
肉が厚い部分でダメージが少なく、友釣りでは最もよい掛かり所とされています。
頭、尾、腹によく掛かるときは、ハリ先を点検したり、ハリスの長さを調節することです。


背頭(せがしら)

川は瀬と淵の連続です。
淵の水が瀬となって、駆け下り、その先頭部分が瀬頭です。


瀬肩(せかた)

流れが以下の瀬に落ち込む手前の川底が盛り上がったところを指すことが多いです。
友釣りでは一番重要視されるポイントです。


瀬尻(せじり)

瀬が淵やトロ場に入る部分です。
淵頭、瀬落ちともいいます。


瀬尻の開き(せじりのひらき)

広がりながら淵やトロ場に流れ込む瀬尻のことです。


瀬トロ(せとろ)

深瀬の中でも、流れが比較的ゆっくりとした部分のことです。
瀬でもなく、トロ場でもないという場所です。


瀬の中の段(せのなかのだん)

瀬の中でも平らになった部分を段と呼びます。
平らになった部分は流れもゆるやかくなり、アユが居着きやすい条件です。


背バリ(せばり)

オトリを深く潜行させたり、強い流れの中に沈めるときに、オトリの支点を後ろにもってくる
ためのハリです。
ハナカンよりも上の糸にセットして、このハリを背中に刺します。
こうすることにより、オトリの支点は魚体の後方上部に下がり、アユは頭が下がって潜りやすくなります。
そのままでは掛かった時の抵抗も大きいので、野アユが掛かった時は皮が切れるように薄く刺します。
弱ったオトリを使う上で重宝しますが、オトリが元気なうちにやるのが効果的です。


瀬脇(せわき)

流心の両サイドにできるゆるい流れのことです。


ゼロオバセ(ぜろおばせ)

オバセが水中の糸フケのことをいうのに対して、ゼロオバセは糸フケを取らない状態をいいます。


ゼロ感覚(ぜろかんかく)

道糸をオバセず、穂先が曲がっていない状態を手感でとります。


側線(そくせん)

魚の体の両側にある一本、また数本の線のことです。
主に水流や水圧を知る感覚器官だといわれています。
魚によっては、味覚を知ることもできるといわれています。


底石(そこいし)

川底の石のことです。その大きさや配置が友釣りの条件を大きく左右します。


ソ上(そじょう)

アユが川をさか上ることです。
友釣りでいうソ上とは天然ソ上、要するに海産の稚アユが海から川を上ることをさすことが多いです。

商品画像
14,800円
image

上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、
再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。

ブックマークに追加

お問い合わせはこちら