line よくある質問 line
多くの方から頂いております質問のうち、よくある質問をまとめてみました。
参考にして頂ければと思います。
※随時新しい質問があればアップしていきます。

質問1
  • これからアユ釣りを始めようとする全くの初心者です。
    いろいろわからないことがあると思いますが、指導して頂けるのでしょうか?


  • あなたのような初心者の方が、当通信講座に参加して頂けることを、
    とても楽しみにしております。

    なぜなら、アユ釣りの本当の楽しさを知って頂き、
    あの釣れた時の感動を味わって頂けるのですから!

    わからないことがございましたら、遠慮なくメールにて
    質問をして頂ければと思います。
質問2
  • これからアユ釣りをしようと思っていますが、何から始めればいいでしょうか?

  • アユ釣りは独学でしようとすると、必ずと言っていいほど、途中でつまづきます。

    オトリの付け方や泳がせ方、その他もろもろ、普通の釣りとは違い、
    特殊なことが多いからです。

    ですので、まずは経験者(上級者レベル)の方に連れて行って貰い、
    さらには教えて貰うのが一番です。

    しかし、みんながみんな、経験者(上級者レベル)の知り合いがいるとは限りません。
    むしろ少ないぐらいでしょう。
    そこで、当通信講座がお役に立てるかと思っております。

    上級者の知り合いがいない初心者の方であれば、
    このDVDにて、事前にある程度アユ釣りを分かって頂き、
    それを元に現場に出向くのが、上達への何よりの近道です。

    わからないことがありましたら、メールサポートも
    お付けしておりますので、遠慮なく聞いて下さい!

    一人でも多くのアユ釣り参加者が増えることを、心からお待ちしております!


質問3
  • これから鮎釣りを始めようとする者です。
    道具を揃えるのに、いくらぐらいのものにすればよいでしょうか?
    また、オススメの道具セットといったものはあるのでしょうか?




  • そうですね。

    鮎釣りの道具は、安いものから高いものまで、結構幅があります。

    もちろん高い道具は軽かったりと性能がいいのですが、
    安い道具で釣れないかと言うとそうでもありません。

    大事なことは、道具よりも技術と知識だったりします。

    ですので、まずは最低限の道具で良いのであれば、
    私がいつもお世話になっている「プロショップかつき」さんに、
    道具セットをお願いすることも可能ですので、その際は
    かつきさんにご連絡して頂ければと思います。
      
    ※「プロショップかつき」さんはアユ釣りに非常に強いお店で、
      ネット販売にも精通したプロショップですので、ご安心頂ければと思います。
      比較的お安く「オーダーメイド」でも作れますので。

      お気軽にお問合わせ下さい。
      その際、「辻行雄DVDのページを見て」と一声掛けて下されば、
      きっとオススメのセットを紹介してくれるはずです!


質問4
  • この通信講座は、初心者向きでしょうか?

  • 当通信講座は、初心者から中級者までが陥りがちなポイントを中心に、
    解説しております。

    ですので、これからアユ釣りを始める、または数回しか
    行ったことがない初心者の方には、 もってこいの通信講座であり、
    また、伸び悩む中級者にとっても、内容のある通信講座になっていると思います。

    上級者はどうやってしっかりと結果を残すのか、そのポイントをしっかり見て
    学んで頂き、実際に現場にて試して頂きたいと思っております。


質問5
  • 友釣りとはどういうものですか?

  • 友釣りとは、アユ釣りの釣り方のことを指します。

    アユは非常にナワバリ意識が強い魚で、自分のナワバリに
    他の魚が入ってくると、その魚を体当たり等で攻撃します。

    この習性を活かして、その体当たりをしてくる魚にハリを仕掛けておき、
    体当たりをしてきたときに引っ掛ける、これが友釣りになります。


質問6
  • この通信講座を学ぶことで、必ず釣れるようになりますか?

  • DVDをご覧頂き、冊子をお読み頂き、しっかりと学んで頂き、
    そして実践に移すことで、きっと釣れるようになることでしょう。

    しかしもちろん、誰でも100%釣れると断言する訳ではございません。

    というのも、上達する速度に、個人差というものが必ずあるからです。

    また、見たり読んだりするだけでは、とてもじゃありませんが、
    上手になんてなれません。

    あくまで、知識や技術を現場で使うことで、初めてレベルが上がっていくのです。

    ですので、しっかり学んで、しっかり実践、そうすることで、釣れるようになるでしょう。

    わからないことがあれば、メールをしてもらえればいい訳ですから。

質問7
  • アユ釣り教室に参加したことがあるのですが、なかなか上達しません。

  • 積極的に講師に聞かれたりして、知識を吸収しようとしましたか?

    やはり、参加するだけでなく、講師に直接聞いたりすることで、
    発見できるものも多くあります。

    それが、大きな気付きになり、一気にレベルアップに繋がったりもします。

    当プ通信講座には、しっかりと学んで頂きたいうように、
    メールサポートも付いております。

    このサポートが、あなたの技術向上に繋がれば、幸いです。


質問8
  • 今度、●●川へ行くので、良く釣れるポイント等あれば教えて下さい。

  • 私は三重県に住んでいますので、基本的には「近畿」の
    川をホームグラウンドとしております。

    ですので、日本全国全ての川についてお答えすることは
    できませんが、知っている限りはお伝えすることができます。

    もちろん、どこの釣り場にもある「釣れるポイント」の見極め方も
    紹介しておりますので、そちらも参考にして
    頂ければと思います。

    また、今後当通信講座参加者には、各種お役立ち情報も配信させて頂きますので、
    こちらもご期待頂ければと思います!


質問9
  • 特殊な技法を使った釣り方になりますか?

  • いいえ。
    誰でもできる、基本的な釣り方で解説しています。
      
    ですので、あなたがお持ちのアユ釣りタックルで、
    すぐに釣りに挑める内容にしております。


質問10
  • タイツと足袋は一体型とセパレート型、
    どちらがいいのでしょうか?

  • 私は、セパレートタイプをオススメします。
    といいますのも、一体型というのは、寒い時期は確かに便利ですが、
    夏の時期には汗で内側がベトベトになり、あまり気持ちの良いものではありません。

    そう考えると、解禁の時期にはある程度まで水温が上がっていますので、
    セパレートでも十分に大丈夫です。

    本当は使い分けるのが理想なのですが、まずは1枚で、とお考えであれば、
    以上の理由からセパレートをオススします。


質問11
  • 天然アユと養殖アユ、初心者がオトリにするのであれば、
    どちらがいいですか?

  • まずその前に、天然アユと養殖アユの違いを知っておいて下さい。

    天然アユは、その名の通り、天然の川で生活しているので、
    ナワバリ意識も強く、またぐいぐい力強い泳ぎをしてくれます。

    また、天然アユとはいえ、純粋の天然アユという訳ではなく、
    放流された養殖アユを釣ってきても天然アユとなりますので、
    ちょっとした注意は必要になります。

    とはいえ、養殖アユで釣れないかと言うと、そうでもありません。

    当通信講座でも紹介していますが、それぞれの良さを活かすことで、
    ちゃんと釣れるようになります。


質問12
  • 5回竿を出している者です。
    毎回2〜3匹しか釣れず、悩んでいます。
    また、オトリアユがすぐに弱っていくのですが、どうすればいいのでしょうか?



  • 2〜3匹しか釣れないのは、ちょっとしたコツを覚えれば2桁には簡単にのせられます。

    そのためにも、まずはオトリの上手な操作方法を覚えた方がよいでしょう。

    オトリがすぐに弱るのは、少しアユを引きすぎているようですね。

    アユ釣りに慣れていない方がよくするのですが、思ったところにアユを入れるため、
    無理矢理オトリを引いてしまいがちです。

    そうすると、自然に泳いでいるようには見えず、アユも追ってきません。

    また、オトリがすぐに弱ってしまい、その後の釣果に響いてきます。

    簡単な方法としましては、自分より上流にオトリを持っていき、
    糸のテンションは常に張っていないようにする、という方法があります。

    この辺りは独学でしていると、どうしてもコツを学ぶまでに時間がかかってしまいます。

    ですので、このDVDを見て頂くか、上級者の方にコツを
    教えて頂くのが、レベルアップする近道になるでしょう。

    このDVDには、メールサポートも付いておりますので、
    ご質問等ございましたら、遠慮なくメールを下さいね!

質問13
  • 偏光サングラスはあった方がよいですか?

  • これはあった方がよいですね。
    川の中の状況がよくわかりますので。

    もちろん、自然環境になったら、水面が揺れていたりしますので、
    そんなに違いが明確に出ることはないこともありますが、
    あるのとないのとでは、大きな違いです。

    アユの居場所だけでなく、移動するときの足元の岩場もよく見えますから、
    アユ釣りには必須のアイテムになりますね。

質問14
  • 女の私でも簡単に実践できますか?

  • もちろん実践できます。

    そもそもこの通信講座は、初心者〜中級者レベルの方向けに
    作っておりますので、成人男性が対象という訳ではなく、男女関係なく、
    また大人・子供も関係なくご活用頂ける内容にしております。

    ですので、どうぞ参考にして頂ければと思います。



商品画像
14,800円
image

上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、
再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。

ブックマークに追加

お問い合わせはこちら