line よくある質問 line

鮎釣りケーススタディー

アユの釣り方は、季節や水況、水温、石アカの付き具合、川の形態、アユの密度などの
様々な要素が微妙に絡み合って変わってくるものです。

その1つ1つの特徴がその川の癖となり、釣りの様々なパターンとなります。

そこで、下記に大ざっぱな状況に合わせた釣り方と、仕掛けの特性を表にしました。

これらをどのように組み合わせ、どういう釣り方をセッティングしていくかは、
釣りながら自分で考えましょう。

1つ1つが経験となるものです。


【季節と釣り方】
初期  一般的にベタ竿でゼロの引き釣り、止め釣りが有効です。
盛期  すべての釣り方が可能ですが、ベタ竿でも立て竿でも、泳がせ優先にした方がいいでしょう。
後期  ベタ竿でも立て竿でも、泳がせましょう。


【水況と釣り方】
増水  ベタ竿でゼロの引き釣り、止め釣りです。
平水  すべての釣り方が可能ですが、ベタ竿でも立て竿でも、泳がせ優先にした方がいいでしょう。
渇水  ベタ竿でも立て竿でも、泳がせましょう。


【石アカと釣り方】
飛んでいる  残りアカを探してベタ竿でゼロの引き釣り、止め釣りです。
付き始め  ベタ竿でゼロの引き釣り、止め釣りです。
最高の状態  すべての釣り方が可能ですが、ベタ竿でも立て竿でも、泳がせ優先にした方がいいでしょう。
腐っている  ベタ竿でも、立て竿でも、泳がせに徹しましょう。


【水温と釣り方】
低い  ベタ竿でも立て竿でも、オトリの足をゆっくり、そしてある程度待ちましょう。
高い  ベタ竿でも立て竿でも、泳がせましょう。


【密度と釣り方】
濃い  ベタ竿でも立て竿でも、オトリの足をゆっくり、そしてある程度待ちましょう。
薄い  ベタ竿でも立て竿でも、オトリの足を早めにしましょう。


【密度と釣り方】
ノーマル、ナイロン  すべての釣りに対応するが泳がせの向きで押しの強くないところでの使用が理想
ノーマル、メタル(007以下)  すべての釣りに対応するが、特に押しの強い所での泳がせに威力を発揮
ノーマル、メタル(007以上)  押しの強い所でのゼロの引き釣り、止め釣り、引き釣り泳がせに向きます。
ノーマル、メタル、オモリ  押しの強い所でも引き釣り、オトリを拘束する止め釣りに有効です。
ごく楽背バリ、ナイロン  普通の瀬でゼロの引き釣り、止め釣り、引き釣り泳がせに向きます。
ごく楽背バリ、メタル  押しの強い瀬でゼロの引き釣り、止め釣り、引き釣り泳がせに向きます。
ごく楽背バリ、メタル、
オモリ
 かなり押しの強い瀬での引き釣り、止め釣りに向きます。
スーパーウェポン、ナイロン  すべての釣りに対応しますが、特に泳いでもらいたいときに有効です。
スーパーウェポン、メタル  すべての釣りに対応しますが、特に押しの強い所でも泳がせに向きます。
 

商品画像
14,800円
image

上記をクリックして決済ページにお進み下さい。
(クリックするだけでは決済は完了いたしません)

ご注文殺到のため、決済ページが開かない場合がございます。

その場合は恐れ入りますが、
再度ご注文ボタンをクリックして下さいますようよろしくお願いいたします。

ブックマークに追加

お問い合わせはこちら